義理押しでもボケは面白く

アメーバ大喜利の中では、義理押しで座布団を稼ぐという方法が使われますが、一番の前提条件はボケが面白いという事です。

たとえ義理で押してくれたとしても、面白くなければ1枚しか押してくれません。

仮に、20人の人が義理押しで自分のボケに座布団を押してくれたとします。

全員が1枚しか押してくれなかったら合計は20枚ですが、全員3枚押してくれれば合計は60枚です。

義理押しは、「座布団をもらいたいから」という発想で行ってもうまく行きません。

このアメーバ大喜利のシステムは、ボケを書き込んでも、利用者が多いのですぐに更に新しいボケに埋もれて行ってしまいます。

折角の面白いボケでも、人目に写る事がない可能性があるのです。

そこで、義理押しをすることにとって、押された人に自分のボケを知ってもらうのです。

つまり、一人でも多くの人に自分のボケを知ってもらうために、義理押しをするのです。

ですから義理押しは、一人でも多くの人にボケを知ってもらうための手段だと思ってください。

一番大切な事は、面白いボケを書くという事です。

カテゴリー: システムを把握しよう パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>