義理押し

先日入賞で、このようなボケがありました。

義理

つまり、義理で座布団が押されいる事と大喜利をかけたボケでした。

実は、このような義理で座布団が押されているのことが

アメーバ大喜利では多々あるのです。

これはどうゆう事かと言いますと、このアメーバ大喜利のシステムですと、自分の書いたネタについて、誰が座布団を押したかがわかるようになっております。そして、座布団を押してくれた人に対して、自分も座布団を押してあげるのです。

これが義理押しです。

本来であれば、面白いボケに対して座布団を押すのが普通だと思います。

しかし義理押しは、面白いつまらないは関係なく押すのです。

まあ、面白くなかったら1枚、面白かったら3枚押せばいいのです。

自分のボケに座布団を押してくれた人に対して座布団を押してあげるのもそうですが、自分が座布団を押してほしい時に、義理押しをするのです。

自分が押した全員が、自分のボケに対して座布団を押してくれるわけではありませんが、自分が義理押しをした一部の人でも、自分のボケに座布団を押してくれるのでしたら、自分のボケに対する座布団の上乗せになると思いませんか?

「面白いボケを書いて座布団を押してもらうのを待つ」

これは、待ちの姿勢です。

待ちの姿勢だけで何百、何千と座布団が押されて、それで満足ができるのでしたらそれでもいいと思いますが、あともう少し座布団が欲しい時などの攻めの一つの方法として、この義理押しを使うのがいいのです。

 

 

 

カテゴリー: システムを把握しよう パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>